Questetra Workflow API

Questetra BPMS: 案件, TSV一括抽出

Questetra BPMS: 案件, TSV一括抽出

案件データを複数行のTSV文字列として抽出します。任意のワークフロー基盤(ローカル/リモート)からAPI経由で抽出します。抽出項目は “string:0,date:2,select:3” のようなCSV書式で指定します。抽出範囲は日付で指定します。日付範囲は、プロセス開始日時・プロセス終了日時・任意の日付型データのいずれかを指定します。

選択肢マスター管理プロセス,ウェブコンテンツ

コンテンツ情報が選択肢マスターに追加・変更・削除されるワークフローです。
情報の構成は、URL/作成者/公開日時等です。入力された情報を元にマスターが自動更新されます。
マスターは、ページ更新/アクセス集計業務等で業務データとして利用されます。

ステップメール送信

毎朝 8:00 に資料請求などから1日後、5日後、10日後のリードにステップメールが自動送信されます。管理者は、タイマー開始イベントに接続された「◯日後メール基本情報」でメールの件名、本文を設定します。また、メールの送信先は「送信リスト抽出」で設定されたアプリとデータ項目から抽出されます。

営業成果 月間集計プロセス

リード案件の前月進捗が月初にメールで自動通知されるワークフローです。 商談化率、受注件数、担当者別売上金額等がリード管理プロセスから自動集計されます。集計結果は、毎月1日に指定のメールアドレスに送信されます。宛先を営業部員にすることで、前月の目標達成差異を確認できます。

Questetra BPMS: 案件, 指定データTSV一括抽出

Questetra BPMS: 案件, 指定データTSV一括抽出

日付フィルタされた複数の案件データを複数行のTSV文字列として抽出します。抽出項目は “string:0,date:2,select:3″ のようなCSV書式で指定します。Tabコードと改行コードは、自動的に削除されます。”ファイル型” はファイル名が、”選択型” は選択された選択肢の表示テキストが抽出されます。掲示板型・テーブル型・ガイドパネル型は抽出できません(Warningがログ出力されます)

Questetra BPMS: 案件, 指定データTSV抽出

Questetra BPMS: 案件, 指定データTSV抽出

案件データを一行のTSV文字列として抽出します。抽出項目は “0,2,3” のようなCSV書式で指定します。Tabコードと改行コードは、自動的に削除されます。”ファイル型” はファイル名が、”選択型” は選択された選択肢の表示テキストが抽出されます。掲示板型・テーブル型・ガイドパネル型は抽出できません(Warningがログ出力されます)