Stripe API

Stripe: 入金, TSV 抽出

決済プラットフォームStripe上の入金データを複数行のTSV文字列として抽出します。ステータスと入金(予定)日で絞り込めます。

申込・定期決済プロセス, Stripe決済

サブスクリプション契約の申込を受け付けるワークフローです。
顧客は、Web フォームで仮申込します。受付完了メール内の URL をクリックし、本申込します。
本申込時、クレジットカード情報が Stripe へ登録されます。またその登録情報を元に定期課金されます。

Stripe: 顧客, 分配金を指定して課金

Stripe: 顧客, 分配金を指定して課金

CONNECT分配金額を指定して “課金オブジェクト” を生成します。分配金振込先には、任意の子アカウントを指定できます。CONNECT分配金は課金額を超えない範囲で任意に設定できます。メインの支払方法(一行目の顧客オブジェクト)への課金が失敗した場合には、予備の支払方法(二行目以降の顧客オブジェクト)に対して課金します。すべての課金に失敗した場合、”課金オブジェクト” は生成されず、異常終了エラーログが出力されます。

Stripe: 顧客, 課金

Stripe: 顧客, 課金

決済プラットフォームStripe上に “課金オブジェクト” を生成します。メインの支払方法(一行目の顧客オブジェクト)への課金が失敗した場合には、予備の支払方法(二行目以降の顧客オブジェクト)に対して課金します。すべての課金に失敗した場合、”課金オブジェクト” は生成されず、異常終了エラーログが出力されます。

Stripe: 顧客, 分配金を指定して課金

Stripe: 顧客, 分配金を指定して課金

CONNECT分配金額を指定して “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerIDに、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金できます。分配金振込先には、任意の子アカウントを指定できます。CONNECT分配金は課金額を超えない範囲で任意に設定できます。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログが出力されます。

Stripe: 顧客, 課金

Stripe: 顧客, 課金

決済プラットフォームStripe上に “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerID(cus_12345678901234)に対して、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金します。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログ出力されます。

Stripe: 顧客, 生成

Stripe: 顧客, 生成

決済プラットフォームStripe上に “顧客オブジェクト” を追加します。オブジェクトの登録により、継続的なカード課金が可能となります。契約の成立を示すトークンIDとメールアドレス等の顧客情報が必要です。なお、トークン化の仕組み(顧客ブラウザとStripe間で直接通信)を別途実装しておく必要があります。