プロジェクトメンバ追加/削除申請プロセス 20221128
プロジェクトメンバの追加・削除を申請するプロセスです。 承認後、指定日にMicrosoft365グループへ自動反映されます。 一度に最大50名まで処理できます。
作業担当者 (スイムレーンの数:3)
  • 申請者
  • 承認者
    • 申請者の上司
  • システム管理者
仕事の流れ (ワークフロー図の複雑度:28)
  • 11.申請
    • 申請者は、メンバ追加/削除したいプロジェクトおよびメンバについて申請します。
  • 31x.再申請
    • 申請者は、申請内容を修正して再提出するか、取り下げます。
  • 22.承認
    • 申請者の上司は、申請内容を確認し、不備があれば差し戻します。
  • 129.エラー対応
    • システム管理者は、実行ログを確認し、エラー後の対応を検討・実施します。
  • 26x1.件名設定
    • システムは、件名をセットします。
  • 6x2.グループID取得
    • システムは、指定されたグループ名からグループIDを取得します。
  • 21x3.ループの前処理
    • システムは、処理対象のリストから1件データを取得します。
  • 7x4.ユーザID取得
    • システムは、指定されたユーザメールアドレスからユーザIDを取得します。
  • 8x5-1.メンバー追加
    • システムは、指定されたユーザをグループメンバに追加します。
  • 10x5-2.メンバー削除
    • システムは、指定されたユーザをグループメンバから削除します。
  • 22x6.ループの後処理
    • システムは、グループメンバ追加/削除の処理結果を記録します。またカウンタを更新し、処理対象のリスト残があるかどうかを記録します。
受け渡しされるビジネスプロセス変数 (データ項目の数:15)
  • プロジェクト名 q_projectName 13 *
  • プロジェクトにひもづく Microsoft365 グループ名q_groupName0*
    • メンバ追加/削除の対象となるMicrosoft365 グループの名称が格納されます。
  • 追加か削除か q_select 1 *
  • 追加/削除の反映日q_date14
    • Microsoft365 グループにメンバ追加/削除を反映する日付が格納されます。
  • 追加/削除するユーザリストq_list2*
    • Microsoft365 グループに追加/削除するメンバのリストが格納されます。「ユーザ名」「メールアドレス」は申請者が入力します。「処理結果」は本アプリ実行時に格納されます。
  • 追加/削除の理由 q_reason 12
  • メモ・コメント q_memo 3
  • グループIDq_groupId4
    • Microsoft365 向けアドオン XML を利用する際に保持が必要なデータ項目です。
  • 対象ユーザアドレスq_userEmail5
    • ループ処理部分で保持が必要なデータ項目です。
  • 対象ユーザIDq_userId6
    • Microsoft365 向けアドオン XML を利用する際に保持が必要なデータ項目です。
  • カウンタq_counter7
    • ループ処理部分で保持が必要なデータ項目です。
    • 0
  • 終了フラグq_flag11
    • ループ処理部分で保持が必要なデータ項目です。
  • log1q_log18
    • アドオン XML の処理ログを保持するためのデータ項目です。主にエラー発生時向けです。
  • log2q_log29
    • アドオン XML の処理ログを保持するためのデータ項目です。主にエラー発生時向けです。
  • log3q_log310
    • アドオン XML の処理ログを保持するためのデータ項目です。主にエラー発生時向けです。

フィールド名, Num, 初期値

Download

Professional でのみご利用いただけます。

Notes

Capture

Appendix

「追加/削除するユーザリスト」(テーブル型データ項目)の制限数を変えることで、50名以上のメンバ入力は可能となります。ただ、工程での処理数(自動工程、ヒューマン工程、各種イベント)が500ステップを超えてしまった場合はエラーとなるため、それを回避するための考慮が必要です。

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。