選択肢マスタ管理プロセス,CSV 20211217
選択肢マスタをCSV形式のデータで更新できるワークフローです。 また、選択肢IDおよび表示ラベルの文字列リストでも更新できます。
作業担当者 (スイムレーンの数:1)
  • 管理者
    • 選択肢マスタの管理者。
仕事の流れ (ワークフロー図の複雑度:14)
  • 1 1′-1.リスト入力(文字型複数行)
    • 担当者は、マスタデータのIDおよび表示ラベルのリストを改行あり文字列で入力します。
  • 2 1′-2.リスト確認
    • 担当者は、選択肢の内容を確認します。
  • 9 1.リスト入力(CSV)
    • 担当者は、CSV形式でマスタデータ(選択肢ID,表示ラベル)を入力します。
  • 12 x1a.CSV→TSV変換
    • ワークフロー基盤は、CSVデータをTSV形式に変換します。
  • 13 x1b.TSVから抽出1
    • ワークフロー基盤は、TSVから選択肢IDを抽出します。
  • 15 x1c.TSVから抽出2
    • ワークフロー基盤は、TSVから選択肢表示ラベルを抽出します。
  • 3 x2a.マスタ更新
    • ワークフロー基盤は、選択肢マスタを更新します。
受け渡しされるビジネスプロセス変数 (データ項目の数:5)
  • マスタデータ(CSV) q_csv 9
    • CSV形式(選択肢ID,表示ラベル)でマスタデータを格納します。
  • マスタデータ(TSV) q_tsv 10
    • TSV形式でマスタデータを格納します。
  • 選択肢IDのリスト q_id 0
    • 選択肢IDのリストを格納します。
  • 選択肢の表示ラベルのリスト q_label 1
    • 選択肢の表示ラベルのリストを格納します。
  • 選択肢データ q_select 4
    • 選択肢マスタに反映する選択肢データを格納します。

フィールド名, Num, 初期値

Download

This archive contains the BPMN icons that are not available in the Basic edition.

Notes

  • CSVからの抜き出し列について、選択肢IDを0、表示ラベルを1としていますが、利用したいCSVフォーマットに合わせて調整してください。
  • 選択肢マスタファイル名について「project.xml」としていますが、対象ファイルに合わせて調整してください。

Capture

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。