選択肢マスタ管理プロセス 20211117
選択肢マスタの編集(追加・削除)をするためのプロセスです。 タスク処理画面から編集準備ができ、XMLファイルを意識する必要がありません。 また、上司承認を経て、編集内容が選択肢マスタに自動反映されます。
作業担当者 (スイムレーンの数:2)
  • 担当者
    • マスタを追加・削除する担当者。
  • 上司
    • マスタを追加・削除する担当者の上司。
仕事の流れ (ワークフロー図の複雑度:26)
  • 37 1-1′.(追加)情報再入力
    • 担当者は、追加したいマスタ情報を再入力(訂正)します。
  • 1 1-1.(追加)情報入力
    • 担当者は、追加したいマスタ情報を入力します。
  • 19 1-2.(削除)対象選択
    • 担当者は、削除したいマスタ情報を選択します。
  • 14 2.内容の確認
    • 担当者は、追加・削除予定のマスタ情報を確認します。
  • 16 3.承認
    • 上司は、追加・削除予定のマスタ情報を確認します。
  • 45 x1-1.マスタデータ取得
    • ワークフロー基盤は、現在の選択肢マスタデータを選択肢ID・ラベルのリストとして取得します。
  • 30 x1-2.既存IDに追加IDが含まれるか
    • ワークフロー基盤は、既存IDの中に追加ID1と完全一致するものがないか検索し、もしあればそのIDを出力します。
  • 31 x1-3.既存IDに追加ID2が含まれるか
    • ワークフロー基盤は、既存IDの中に追加ID2と完全一致するものがないか検索し、もしあればそのIDを出力します。
  • 38 x1-4.エラー内容クリア
    • ワークフロー基盤は、エラー内容をクリアします。
  • 13 x1-5.マスタ追加
    • ワークフロー基盤は、選択肢のリストに追加削除したいと入力されたID・ラベルを追加します。
  • 34 x1-6.エラー内容1
    • ワークフロー基盤は、エラー内容(記入モレ・ID重複)を入力します。
  • 35 x1-7.エラー内容2
    • ワークフロー基盤は、エラー内容(既存IDとの重複)を入力します。
  • 36 x1-8.エラー内容3
    • ワークフロー基盤は、エラー内容(既存IDとの重複)を入力します。
  • 44 x2-1.マスタデータ取得
    • ワークフロー基盤は、現在の選択肢マスタデータを選択肢ID・ラベルのリストとして取得します。
  • 12 x2-2.マスタ削除
    • ワークフロー基盤は、選択肢のリストから削除したいと選択されたID・ラベルを削除します。
  • 2 x3.マスタデータ反映
    • ワークフロー基盤は、選択肢マスタに変更を反映します。
受け渡しされるビジネスプロセス変数 (データ項目の数:24)
  • ▼追加の場合 9
  • 追加の場合の説明 22
  • ▼▼▼エラー内容▼▼▼ q_error 28
  • 追加したいコンテンツのURL1(選択肢のID) q_id 0 *
    • 追加したいコンテンツのURL(=選択肢のID)1が格納されます。
  • 追加したいコンテンツの名称1(選択肢のラベル) q_label 1 *
    • 追加したいコンテンツの名称(=選択肢の名称)1が格納されます。
  • 追加したいコンテンツの著作者1 q_author 18
    • 追加したいコンテンツの著作者1が格納されます。
  • (spacer) 27
  • 追加したいコンテンツのURL2(選択肢のID) q_id2 24
    • 追加したいコンテンツのURL(=選択肢のID)2が格納されます。
  • 追加したいコンテンツの名称2(選択肢のラベル) q_label2 25
    • 追加したいコンテンツの名称(=選択肢の名称)2が格納されます。
  • 追加したいコンテンツの著作者2 q_author2 26
    • 追加したいコンテンツの著作者2が格納されます。
  • ▼削除の場合 10
  • 削除したい選択肢1 q_selectDelete 7 *
    • 削除したい選択肢1が格納されます。
  • 削除したい選択肢2 q_selectDelete2 23
    • 削除したい選択肢2が格納されます。
  • ▼確認 17
  • 選択肢のIDのリスト(編集前) q_idList 2
    • 編集前の選択肢のIDのリストが格納されます。
  • 選択肢のラベルのリスト(編集前) q_labelList 3
    • 編集前の選択肢のラベルのリストが格納されます。
  • 選択肢のIDのリスト(編集後) q_idListNew 11
    • 編集後の選択肢のIDのリストが格納されます。
  • 選択肢のラベルのリスト(編集後) q_labelListNew 12
    • 編集後の選択肢のラベルのリストが格納されます。
  • 選択肢(編集前) q_select 13
    • 編集前の選択肢が格納されます。
  • 選択肢(編集後) q_selectNew 4
    • 編集後の選択肢が格納されます。
  • ▼メモ 5
  • メモ・コメント(追加・削除の理由など) q_memo 16
    • メモ・コメントが格納されます。
  • (非表示)選択肢マスタファイル q_file 14
    • 選択肢ファイルが格納されます。(処理には使用されません)
  • (非表示)追加IDチェック用文字列 q_check 15
    • 既存IDの中に追加IDと完全一致するものがある場合、その追加IDが格納されます。

フィールド名, Num, 初期値

Download

This archive contains the BPMN icons that are not available in the Basic edition.

Notes

  • このアプリを動かすには、あらかじめ選択肢マスタに「contents-master.xml」が登録されている必要があります。こちらのマニュアルを参考に登録してください。

Capture

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。