Overview

組織の追加・削除、組織情報の更新や所属メンバの変更など、組織の管理を行います。組織とは、ユーザをグルーピングして管理するためのもので、ユーザの所属を階層的に管理することができます

組織一覧

組織一覧
(新規登録/一括設定)
(フィルタ/ダウンロード/組織)
  • (フィルタ)
    • 組織名/メールアドレス
  • (全件ダウンロード)
    • CSV ダウンロード(UTF-8)
    • CSV ダウンロード(Excel 互換)
  • (組織ツリーから選択)
    • (組織図を開いて選択)
(組織一覧)
    • 組織名 / メールアドレス / 親組織(クリックで詳細へ
(表示コントロール)
  • (表示件数)
    • 10, 20, 50, 100, 200, 500, 1000
  • ページ

Capture

Notes

  • 検索ボックスを使用すると、組織名またはメールアドレスで組織を検索できます
  • 新規組織を個別に追加するには[組織新規作成]ボタンから入力画面を開いてください
  • 複数の組織を一括で登録するには[組織一括登録]ボタンから入力画面を開いてください
  • 全アプリを対象として、処理担当者の設定で使用されている組織を変更する場合は[アプリ 処理担当者の設定一括変更]ボタンから入力画面を開いてください

See also

組織詳細

組織詳細
(組織名)
(組織情報)
所属ユーザ
  • (所属ユーザ一覧)
      • / ユーザ名 / メールアドレス / 立場
  • (コントロール)
    • ユーザ スタッフ/リーダ 追加
    • リーダに変更 スタッフに変更 削除
システム権限
    • システム管理権限 / ユーザ管理権限 / アプリ作成権限

アプリ権限
    • アプリ / アプリ管理権限 / コントロール権限 / データ閲覧権限 / データ閲覧権限(進捗情報限定)

Capture

Notes

  • 所属ユーザ:組織に所属するユーザと、その組織内での立場がリーダ/スタッフかを編集します
    • 1つの組織に複数のリーダを設定することもできます
    • ユーザがひとりも所属していない組織は、警告表示されます
    • システム権限やアプリ権限が組織に対して付与されている場合、対象組織に所属する全てのユーザは権限を有し、所属を外れれば権限を失います
  • 子組織を持つ親組織は削除できません
    • 先に全ての子組織を削除してください
  • システム権限 / アプリ権限では、組織に付与されている特権を確認できます
    • 「+」: 組織に特権が付与されている
    • 「リーダ」: 組織のリーダに特権が付与されている
    • 「-」:組織に特権が付与されていない
  • アプリ権限では、特権が付与されているアプリを一覧できます

See also

組織新規作成/編集

Configs:組織新規作成/編集
組織新規作成
  • 組織名 *
  • メールアドレス
  • 親組織 *
プロパティの編集
  • 組織名 *
  • メールアドレス
  • 親組織 *

Capture

Notes

  • 他の組織と重複する組織名は指定できません
  • 組織新規作成時、親組織はワークフロー基盤のルート組織が選択されています(デフォルト)

See also

組織一括登録

Configs: 組織一括登録
CSV入力によるインポート
  • CSV入力 *
      参照…
  • 確認
Google Workspace との同期  
  • ドメイン
  • 確認

Capture

Notes

  • [CSV入力]ボックスに組織情報を直接入力するか、[参照…]ボタンで準備済みのCSVファイルを選択して組織のリストをインポートできます
  • Google Workspace との同期にある[確認]ボタンをクリックすることで, [ドメイン]に入力されたドメインの Google Workspace の組織情報と同期させることができます(Advanced と上位 エディション)
    • Google Workspace のアカウントへのログインとデータアクセスの許可を求められます
    • Google Workspace 側でAPIへのアクセスを有効にしておく必要があります
    • [確認]ボタンをクリックすると追加される組織のリストが表示されますので、チェックボックスで追加する組織を選択してください

See also

処理担当者の設定一括変更

この機能を使用すると、複数のアプリ間でヒューマンタスクを担当する候補組織を同時に変更できます。 たとえば、さまざまなアプリの一連のタスクが人事部によって処理される設定を、経理部門がそれらを処理するように変更する場合に、処理担当者の設定一括変更を使用すれば 各アプリを個別に編集する必要がなくなります。

Configs: 処理担当者の設定一括変更
  • 組織の変更ルール
    • 変更元
    • 変更先
  • 変更対象のバージョン
    • 開発中バージョンのみ
    • 開発中および最新バージョンを含む全バージョン

Capture

Notes

  • この機能を使用するには[ユーザ管理権限]に加えて[システム管理権限]が必要です
    • [システム管理権限]を持っていなければボタンが表示されません
  • [変更元]欄に現在引き受け候補として設定されている組織を選択し、[変更先]欄に新しくタスクを担当する組織を選択します
  • アプリの最新(稼働中)バージョンを含めると、既に開始されているプロセスの処理担当者候補も新しい組織が対象となります
  • [確認]をクリックすると、変更対象のアプリ一覧が表示されます
  • 変更を適用しないアプリがあればチェックを外してから[変更]をクリックすると各アプリの処理担当者設定が変更されます

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。