Overview

ユーザの追加・削除、ユーザ情報の更新や所属組織の変更など、ユーザアカウントの管理を行います。

ユーザ一覧

ユーザ一覧
(新規登録/一括設定)
(フィルタ/ダウンロード)
  • (フィルタ)
    • ユーザ名/メールアドレス
    • (組織) (検索) (クリア) (主として属する組織を選択) (組織ツリーから選択)
  • (全件ダウンロード)
    • CSV ダウンロード(UTF-8)
    • CSV ダウンロード(Excel 互換)
(ユーザ一覧)
    • ユーザ名 / メールアドレス(クリックで詳細へ
(表示コントロール)
  • (表示件数)
    • 10, 20, 50, 100, 200, 500, 1000
  • ページ

Capture

Notes

  • 検索ボックスを使用すると、名前またはメールアドレスでユーザを検索したり、組織でフィルターしたりできます
  • 新規ユーザを個別に追加するには[ユーザ新規作成]ボタンから入力画面を開いてください
  • 複数のユーザを一括で登録するには[ユーザ一括登録]ボタンから入力画面を開いてください

See also

ユーザ詳細

ユーザ詳細
(ユーザ名)
(ユーザ情報)
所属
  • (所属組織の追加)
    • (名前かメールアドレスを入力) (検索) (クリア) (主として属する組織を選択) (組織ツリーから選択)
    • スタッフ/リーダ
    • 追加
  • (所属組織一覧)
    • リーダに変更   スタッフに変更   削除
      • / 主として属する組織 / 組織名 / メールアドレス / 立場
ロール
  • (所属ロールの追加)
    • (名前を入力) (検索) (クリア)
    • 追加
  • (所属ロール一覧)
    • 削除
      • / ロール名
システム権限
    • システム管理権限 / ユーザ管理権限 / アプリ作成権限
アプリ権限
    • アプリ / アプリ管理権限 / コントロール権限 / データ閲覧権限 / データ閲覧権限(進捗情報限定)

Capture

Notes

  • 所属:ユーザが所属する組織と、その組織内での立場がリーダ/スタッフかを編集します
    • 組織と立場を指定してから[追加]します
    • 一覧のチェックボックスにチェックしてから[リーダに変更][スタッフに変更][削除]します
    • ユーザは複数の組織に所属できます
    • ユーザが複数の組織に所属している場合、「主として属する組織」を選択します
    • どの組織にも属していないユーザは、ワークフロー機能を使用できません
  • ロール: ユーザが持つロールを編集します
    • ユーザは複数のロールを持つこともできます
  • システム権限:ユーザのシステム管理権限、ユーザ管理権限、アプリ作成権限の有無を表示します
  • アプリ権限:ユーザがアクセスできるアプリのリストと、それぞれに対する権限の有無を表示します
  • ユーザを削除する際には対象ユーザに割り当てられているタスクを引き継ぐユーザを指定します

See also

新規作成/編集

Configs:ユーザ新規作成/プロパティの編集/パスワードリセット
ユーザ新規作成
  • ユーザ名 *
  • メールアドレス *
  • パスワード *
    • 初期パスワードを無効化する
  • 主として属する組織 *
    • (名前かメールアドレスを入力) (検索) (クリア) (主として属する組織を選択) (組織ツリーから選択)
プロパティの編集
  • ユーザID
  • ユーザ名 *
  • メールアドレス *
パスワードリセット
  • ユーザ名
  • メールアドレス
  • パスワード *

Capture

Notes

  • 他のユーザと重複するユーザ名は指定できません
  • 他のユーザと重複するメールアドレスは指定できません
    • メールアドレスはユーザのログインIDとなるほかに様々な機能で利用されますので有効なアドレスを使用してください
  • パスワードを指定する際には、[ログイン]メニューにて設定されたパスワードポリシーを満たしている必要があります
  • ユーザ新規作成時には「パスワード」は必須項目ですが、「初期パスワードを無効化する」がチェックされていれば入力する必要はありません
    • パスワード再発行機能を利用して、ユーザ自身がパスワードを設定します

See also

一括登録

Configs: ユーザ一括登録
CSV入力によるインポート
  • CSV入力 *
    • 参照…
  • 確認
Google Workspace との同期  
  • ドメイン
  • 確認

Capture

Notes

  • [CSV入力]ボックスにユーザ情報を直接入力するか、[参照…]ボタンで準備済みのCSVファイルを選択してユーザのリストをインポートできます
  • Google Workspace との同期にある[確認]ボタンをクリックすることで、 [ドメイン]に入力されたドメインの Google Workspace のユーザ情報と同期させることができます(Advanced と上位 エディション)
    • Google Workspace のアカウントへのログインとデータアクセスの許可を求められます
    • Google Workspace 側でAPIへのアクセスを有効にしておく必要があります
    • [確認]ボタンをクリックすると追加されるユーザのリストと削除候補ユーザのリストが表示されますので、チェックボックスで追加/削除するユーザを選択してください
    • 一括で登録できるレコード数には上限があります
      • ユーザ:1000、組織/ロール:300

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。