請求決済

Stripe: 課金オブジェクト, 生成

Stripe: 課金オブジェクト, 生成

決済プラットフォームStripe上に “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerID(cus_12345678901234)に対して、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金します。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログ出力されます。

Stripe: 顧客オブジェクト, 生成

Stripe: 顧客オブジェクト, 生成

決済プラットフォームStripe上に “顧客オブジェクト” を生成します。オブジェクトの登録により、その後の継続的なカード課金が可能となります。契約の成立を示すトークンID(tok_123456789012345678901234)とメールアドレス等の顧客情報が必要です。通常トークンIDはブラウザ側で生成されるため、センシティブ情報の非保持非通過を実現できます。

請求書発行フロー

日割金額を計算し、請求書PDFを生成します。〔1.ご利用日数の入力〕工程で入力された情報を元に、日割額を計算し、請求書PDFファイルを自動生成します。〔2.サンプリングCheck〕の工程で生成された請求書PDFをチェックすることができますが、10分後には自動的に処理が進みます。

PayPal請求プロセス

複数の業務フローから呼び出される独立したサブプロセスです。「PayPal Invoicing API」を通じて、1. PayPal 側に『PayPal請求書』を生成させ、2. PayPal から『PayPal請求書』を送信させ、3. PayPal に対して『PayPal請求書』の決済状況を確認することができる仕組みになっています。また、会計システム向けの『振替伝票CSV』も自動生成されます。

国名コード

ISOによって発行されている国名コードです。2文字コードと3文字コードがあり249の国と地域と区域が割当を受けています。(国際標準 ISO 3166-1:2013)。

請求プロセス

請求データは〔1. データ入力/確認〕の工程で入力されます。請求書PDFが〔PDF 自動生成〕の工程にて自動的に生成されます。経理によって入金が確認されると、全ての処理が完了します。