TSV CSV

TSV 文字列, 矩形検証

TSV 文字列, 矩形検証

TSVのセルデータがマトリックス形状になっているか検証します。もし各行でセルデータ数が異なる場合、行末タブが追加されます。整形後の行数と列数を取得することも可能です。なお、検証後TSVの末尾に改行コードは付与されません。

2つのTSV文字列, 共通列で結合

2つのTSV文字列, 共通列で結合

共通のキーFieldに基づいて2つのTSVをマージします。TsvA(左テーブル)の全行を保持し、TsvB(右テーブル)から一致する行を取り込みます〔左外部結合〕。どちらのTSVも事前ソートは不要ですが、TsvBのより上位にある行がマッチング判定されます。

複数行文字列, 範囲行の取得

複数行文字列, 範囲行の取得

指定範囲の行を抽出します。抽出範囲は開始インデックスと終了インデックスで指定されます。インデックスはゼロ始まりで、先頭行のインデックスはゼロとなります。終了インデックスで指定された行は抽出範囲に含まれない点に注意が必要です。

コンバータ, CSV文字列 to TSV文字列

コンバータ, CSV文字列 to TSV文字列

CSV文字列をTSV文字列に変換します。出力TSVは「もっともシンプルなタブ区切り文字列」として出力されます。ダブルクオートで囲まれたフィールド内に改行コードやTABコードが含まれていた場合、スペースに置き換えられます。なお、入力CSV内のダブルクオート文字がエスケープされていない場合、意図しない処理結果となります。

TSV 文字列, 変換

TSV 文字列, 変換

TSVテキストの列を並べ替えます。新しい並び順は、オリジナルTSVの列IDを列挙して指定します(例 “0,1,3,0”)。新しいTSVテキストは、TSVファイル形式やCSVファイル形式等のフォーマットで格納することも可能です。

コンバータ: TSV文字列 to テーブル

コンバータ: TSV文字列 to テーブル

TSV文字列をテーブル型データに変換します。TSV文字列内の全てのセルの文字列値がテーブル型データ項目Bに上書きコピーされます。テーブルのカラム設計に不整合がある場合、エラーとなる場合があります。

マネーフォワード仕訳伝票, 生成

マネーフォワード仕訳伝票, 生成

MoneyForward クラウド会計用の仕訳伝票(TSV or Excel)を生成します。一括して売上計上される請求書だけでなく各月に按分計上される請求書にも対応しています。なお、売上計上日が「予定入金日」より未来になる売上伝票の勘定科目は “売掛金売上” ではなく “前受金売上” と判断されます。また、請求金額を按分した際の剰余(端数)は初月売上レコードに加算されます。

2つのTSV文字列, 数値セルの比較

2つのTSV文字列, 数値セルの比較

TSV文字列AとTSV文字列Bの数値セル同士を比較し、AからBへの数値変化量をリストアップします。Aのキー列にマッチする文字列が存在しない場合、リストアップ対象になりません。Aのキー列で複数マッチする場合、より上にあるキー行の数値と比較されます。

2つのTSV文字列, セル一致行の抽出

2つのTSV文字列, セル一致行の抽出

TSV文字列Aの特定列とBの特定列を比較し、Aに対してセル合致するBの行を抽出します。AとBが完全に一致する場合は、Bの全行が返されます。全面的に異なる場合は、空文字列が返されます。

2つのTSV文字列, セル不一致行の抽出

2つのTSV文字列, セル不一致行の抽出

TSV文字列Aの特定列とBの特定列を比較し、Aに対してセル合致しないBの行を抽出します。AとBが完全に一致する場合は、空文字列が返されます。全面的に異なる場合は、Bの全行が返されます。

マスターテーブル, TSV文字列で生成

マスターテーブル, TSV文字列で生成

TSV文字列を参照して、マスターファイルを生成します。TSVデータ内の指定カラム列データが Master IDs として、それ以外が Master Labels として、セットされた選択肢マスタ(OptionsXML)が生成されます。下流工程に[選択肢マスタ更新] を配置すれば、更新業務を自動化できます。

Image-Charts: 棒グラフ, 生成

Image-Charts: 棒グラフ, 生成

数値TSVデータ(国別人口、月別売上、など)から棒グラフや折れ線グラフを生成します。グラフは Image-Chart を使用して自動的に生成されます。Y軸目盛は自動的に最適化されます。X軸目盛はTSVの一行目が参照されます。画像はPNG形式で出力されます。

TSV文字列, 数値合計のクロス集計

TSV文字列, 数値合計のクロス集計

TSVデータの数値フィールドについて、クロス集計表(ピボットテーブル)を作成します。たとえば受注履歴(TSV)の “金額” について “担当者” と “製品” の2軸で集計します。なお、X軸集約およびY軸集約で使用されるフィールドの指定には、TSVフィールドIDで設定します。

TSV 文字列: 数値列の総和

TSV 文字列; 数値列の総和

数値カラムの値の合計を算出します。指定カラムに数値以外のデータが混在している場合、当該レコードはゼロとみなされ和算されません。

TSV 文字列; 全行に固定値を追加

全行の末尾にセルを1つ追加します。なお、TSV末尾や先頭の空白文字や改行文字は予め削除されます。また、各行のTabセパレータの数が不一致の場合はセル追加することなくエラー終了します。

TSV 文字列; 特定列に接頭辞

指定したカラムの全データに接頭辞Strを結合し、新しいTSV文字列を生成します。結合文字列は各行末に要素追加されます。データのカテゴリ分けなどでご利用いただけます。TSV文字列の末尾先頭にある空白文字や改行文字は事前に削除します。

TSV 文字列; 特定列に接尾辞

TSV 文字列; 特定列に接尾辞

指定したカラムの全データに接尾辞Strを結合し、新しいTSV文字列を生成します。結合文字列は各行末に要素追加されます。敬称や通貨単位の追加などでご利用いただけます。TSV文字列の末尾先頭にある空白文字や改行文字は事前に削除します。