Workflow Automation

問合せ対応タスク集計

問合せ管理プロセスの対応タスクについて、ユーザごとの処理数を集計し、Googleシートに出力します。
集計結果とともに集計元データリストもシートに出力します。
前月分の処理データを対象とし、月初に自動開始されます。
予め保存しておいた検索条件を利用します。

複数行文字列, Keywords フィルタ

複数行文字列, Keywords フィルタ

複数行テキストをマッチ行だけに絞り込みます。マッチ条件には「と等しい」「を含む」「で始まる」「で終わる」のいずれかが指定できます。大文字小文字を区別しないフィルタも指定可能です。別途、除外された行(フィルタ除去行)を格納することも可能です。

TSV 文字列, Keywords フィルタ

TSV 文字列, Keywords フィルタ

TSVテキストをカラムマッチ行だけに絞り込みます。マッチ条件には「と等しい」「を含む」「で始まる」「で終わる」のいずれかが指定できます。大文字小文字を区別しないフィルタも指定可能です。別途、除外された行(フィルタ除去行)を格納することも可能です。

TSV 文字列, カラム重複行の削除

TSV 文字列, カラム重複行の削除

カラム要素同士が重複している行を抽出し、削除します。正順モードでは最初の行が残り、逆順モードでは最後の行が残ります。なお “ABC” と “Abc” は、異なるカラム要素として認識されます。(ケースセンシティブ)

単一行文字列, 複数行文字列からランダムに抽出した1行をセット

単一行文字列, 複数行文字列からランダムに抽出した1行をセット

複数行文字列の中から1行をランダムに抽出して、単一行文字列データにセットします。たとえば、「宣伝用キャッチコピー」をローテーションでセットする、「抽選結果の返答文」をローテーションでセットする、といったケースで利用されます。特定行を選択候補から除外する設定も可能です。

単一行文字列, 複数行文字列から順繰りに1行をセット

単一行文字列, 複数行文字列から順繰りに1行をセット

複数行文字列の中から1行を順繰り(ラウンドロビン)に抽出し、単一行文字列データにセットします。たとえば、「宣伝用キャッチコピー」をローテーションでセットする、「抽選結果の返答文」をローテーションでセットする、といったケースで利用されます。特定行を選択候補から除外する設定も可能です。

問い合わせ対応フロー, 対応者自動調整

顧客からの問い合わせを受け付け、回答します。割振リスト(Google シート)を用い、回答担当者が自動で割り振られます。割振リストは、割振順序・担当者メールアドレスが記載されています。特定の担当者へ割振を多くしたい等の調整をつけることができます。

TSV 文字列, 数値列のクロス集計表を生成

TSV 文字列, 数値列のクロス集計表を生成

数値列の値を2つの集約キー列でクロス集計します(ピボットテーブル)。「合計値」「合計値が全体に占める割合」「データ個数」「データ平均値」、いずれのクロス集計表も出力可能です。たとえば「売上ログTSV」から「取引先別(Y軸)と販売店舗別(X軸)の売上高合計」といった集計値が自動的に出力されます。

TSV 文字列, 矩形検証

TSV 文字列, 矩形検証

TSVのセルデータがマトリックス形状になっているか検証します。もし各行でセルデータ数が異なる場合、行末タブが追加されます。整形後の行数と列数を取得することも可能です。なお、検証後TSVの末尾に改行コードは付与されません。

複数行文字列, 範囲行の取得

複数行文字列, 範囲行の取得

指定範囲の行を抽出します。抽出範囲は開始インデックスと終了インデックスで指定されます。インデックスはゼロ始まりで、先頭行のインデックスはゼロとなります。終了インデックスで指定された行は抽出範囲に含まれない点に注意が必要です。

Image-Charts: 棒グラフ, 生成

Image-Charts: 棒グラフ, 生成

数値TSVデータ(国別人口、月別売上、など)から棒グラフや折れ線グラフを生成します。グラフは Image-Chart を使用して自動的に生成されます。Y軸目盛は自動的に最適化されます。X軸目盛はTSVの一行目が参照されます。画像はPNG形式で出力されます。