複数行文字列, 空行の削除
複数行文字列, 空行の削除 (Multiline String, Delete Empty Lines)
全ての空白行を取り除きます。テキスト(TSVやCSVを含む)の末尾にある改行も削除されます。もしその行に半角スペースが一文字でもあれば、削除されません。
Configs
  • A1: オリジナルのテキストをセットしてください *#{EL}
  • B1: Outputテキストが格納される文字列型データ項目を選択してください (更新) *
Script (click to open)
// GraalJS Script (engine type: 2)

//////// START "main()" /////////////////////////////////////////////////////////////////
main();
function main(){ 

//// == Config Retrieving / 工程コンフィグの参照 ==
const strInput         = configs.get( "StrConfA1" );          /// REQUIRED //////////////
  if( strInput       === "" ){
    throw new Error( "\n AutomatedTask ConfigError:" +
                     " Config {A1: Text} is empty \n" );
  }
const strPocketOutput  = configs.getObject( "SelectConfB1" ); /// REQUIRED //////////////


//// == Data Retrieving / ワークフローデータの参照 ==
// (Nothing. Retrieved via Expression Language in Config Retrieving)


//// == Calculating / 演算 ==
const arrInput = strInput.split("\n");
engine.log( " AutomatedTask: Number of Lines: " + arrInput.length );

let strOutput  = "";
for( let i = 0; i < arrInput.length; i++ ){
  if( arrInput[i] === "" ){
    engine.log( " AutomatedTask Deleted LineId: " + i );
    continue;
  } // Skip blank lines
  strOutput  += arrInput[i] + "\n";
}

strOutput = strOutput.slice( 0, -1 ); // delete last "\n"


//// == Data Updating / ワークフローデータへの代入 ==
engine.setData( strPocketOutput, strOutput );


} //////// END "main()" /////////////////////////////////////////////////////////////////

/*
Notes:
- When the process reaches this automated task, the Text in the string data is automatically processed.
    - TSV data, Access log, Email body, etc.
    - {Number of lines} = {Number of line breaks} + 1
- All blank lines in the text are automatically removed.
    - Not only the blank line in the middle of the multiline string,
    - but also the blank line at the end and the blank line at the beginning are deleted.

APPENDIX:
- The deleted row ID (starting with zero) is logged.


Notes-ja:
- 案件が自動処理工程に到達した際、文字列型データに保存されているTextが自動的に加工されます。
    - TSVデータ、アクセスログ、メール本文など
    - {行の数} = {改行の数} + 1
- テキスト内の全ての空行が自動的に取り除かれます。
    - 複数行文字列にある途中空行のみならず、末尾空行や先頭空行も削除されます。

APPENDIX-ja:
- 削除された行のID(ゼロ始まり)はログ出力されます。
*/

Download

2021-08-27 (C) Questetra, Inc. (MIT License)
https://support.questetra.com/ja/addons/multiline-string-delete-empty-lines-2021/
Addonファイルのインポートは Professional でのみご利用いただけます。
自由改変可能な JavaScript (ECMAScript) コードです。いかなる保証もありません。

Notes

  • 案件が自動処理工程に到達した際、文字列型データに保存されているTextが自動的に加工されます。
    • TSVデータ、アクセスログ、メール本文など
    • {行の数} = {改行の数} + 1
  • テキスト内の全ての空行が自動的に取り除かれます。
    • 複数行文字列にある途中空行のみならず、末尾空行や先頭空行も削除されます。

Capture

全ての空白行を取り除きます。テキスト(TSVやCSVを含む)の末尾にある改行も削除されます。もしその行に半角スペースが一文字でもあれば、削除されません。
全ての空白行を取り除きます。テキスト(TSVやCSVを含む)の末尾にある改行も削除されます。もしその行に半角スペースが一文字でもあれば、削除されません。

Appendix

  • 削除された行のID(ゼロ始まり)はログ出力されます。

See also

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。