文字型

データ項目:文字型

文字列を入力できるテキストフィールドを表示し、入力されたデータを格納します。単一行タイプと複数行タイプがあります。

Configs: 共通設定
  • 項目名
  • フィールド名
  • データタイプ
  • 説明
  • メモ
  • 段組
    • 1
    • 2
    • 4
Configs:文字型
  • フォームタイプ
    • 単一行
    • 複数行
      • 行数
  • 必須
  • 初期値
    • 文字入力
    • 式を挿入…
      • 件名
      • プロセスID
      • プロセス開始ユーザ
      • プロセス開始組織
      • プロセス開始日時
      • プロセス連番
      • アプリID
      • アプリ名
  • 最小文字数
  • 最大文字数
  • 満たすべき正規表現
  • プレースホルダテキスト

Capture

設定画面

入力画面

Notes

  • データ項目への入力・編集にはタスクでの編集権限が「編集可」に設定されている必要があります
  • 郵便番号やメールアドレスなどの場合、 “正規表現” を設定して入力の書式を制御することができます
  • 文字型のデータ項目の初期値は8000文字に制限されており、超過するとエラーとなります
  • サービスタスク(データ設定)を使用することで格納されている値を自動で更新することもできます
  • 自動工程(メッセージ開始イベント(メール)など)と組み合わせて、外部ソースから受信したデータを保存することもできます

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。