データ項目:ユーザ型

同一ワークフロー基盤に登録されている「ユーザ」を選択するセレクトボックスを表示し、選択結果を格納をします。

Configs: 共通設定
  • 項目名
  • フィールド名 *
  • データタイプ
  • 説明
    • エラー修正とフォーマット調整
  • メモ
  • 段組
    • 1
    • 2
    • 4
Configs: ユーザ型
  • 必須
  • 初期値
    • プロセス開始ユーザ

Capture

Settings Screen

Input Screen

Notes

  • データ項目への入力・編集にはタスクでの編集権限が「編集可」に設定されている必要があります
  • 入力フォームは検索セレクトです
    • ユーザ名か登録アドレスの一部を入力し始めると候補がリスト表示されます
    • :名前かメールアドレスを入力   :検索   :クリア   :自分を選択   :組織ツリーから選択
  • ユーザ情報には、「ユーザ名」「メールアドレス」「ユーザID」が含まれます
  • 初期値としては[プロセス開始ユーザ]のみ設定可能です
    • [プロセス開始ユーザ]とはプロセスを新規開始したユーザです
    • 自動開始されるプロセスでは[プロセス開始ユーザ]はセットされません
      • (オプションの設定などでセットされるケースもあります)
  • データ項目で指定したユーザを特定のタスクの処理担当者に指名することができます(処理担当者設定
  • メッセージ送信中間イベント(メール)」の宛先にユーザ型データ項目を挿し込むと、対象ユーザのメールアドレスにメール送信されます
  • Questetra Form JavaScript API」を利用して、入力フィールドの値の取得/代入やイベントハンドラの登録もできます

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。