勤怠管理

出退勤・日報申請プロセス

従業員の出退勤と日報報告書申請を同時に行う業務プロセスです。出勤後勤務日は、出退勤・日報報告書申請フローが立ち上がります。休暇、病欠の際も申請報告が可能です。出退勤と日報報告申請を同時に実施する事により提出忘れを防ぎます。

出退勤管理

平日7時に自動開始し、出退勤時刻が未入力の場合、リマインドメールを送付します。また、出退勤/休憩時刻から勤務時間を自動計算します。初期値設定と簡易入力ボタンで入力負担を軽減します。

出退勤報告プロセス, 残業自動計算

出退勤報告プロセス, 残業自動計算

毎日7時、”マイタスク” に『出退勤時刻を申請する』が自動追加されます(ただし会社の休日は追加されません)。申請者は、出勤時刻・退勤時刻・休憩計(h)を入力します。勤務時間計(h)・法定時間外残業(h)などが自動的に算出され、申請者本人にその控えがメール通知されます。

日付, 営業日の判定

日付, 営業日の判定

任意の日付値が営業日であるかどうかを判別します。その日付けが祝祭日の場合、祝祭日の名前を返します。土曜や日曜の場合、曜日の名前を返します。それ以外の場合は、空の文字列を返します。会社オリジナルの休日を設定することも可能です。

日付, 週末日曜日の取得

日付, 週末日曜日の取得

任意日付の週末日曜日を取得します。日曜日が指定された場合、当日を返します。なお「翌週の月曜日」「当週の火曜日」を取得したい場合は、更に #q_date.addDays(1) や #q_date.addDays(-5) といった変換が必要です。

日付, 曜日文字列の取得

日付, 曜日文字列の取得

任意日付値の曜日を取得します。曜日の表記法はコンフィグにて設定します。たとえば “日,月,火,水,木,金,土” や “定休日,営業日,営業日,営業日,営業日,営業日,定休日” のようにCSV書式にて設定します。先頭は日曜日です。

日次報告フロー

毎朝、自動起動し、日々の業務報告を行います。〔1.日報記入〕の工程が処理されると〔2.日報の確認〕の工程で上司が内容を確認します。コメントがある場合は報告者へメール送信されますが、報告内容の修正等が必要な場合は〔1x.差し戻し対応〕の工程に差し戻されます。第一工程が締め切り日時までに処理されなかった場合は、「未報告」として自動終了されます。

出退勤報告フロー

出退勤時刻を報告し、勤務時間を自動計算します。毎朝7時に自動開始され、〔1.出勤時刻の報告〕〔2.退勤時刻の報告〕の工程を処理すると、勤務時間が自動計算され、〔3.勤務時間確認〕の工程に進みます。各工程で処理が完了されない場合、一定時間経過後に自動的に処理が進みます。第一工程が締め切り日時までに処理されなかった場合は、休暇扱いとなります。また、初期値設定や入力支援により、入力負荷を軽減する工夫がなされています。