申請承認

稟議プロセス,月次自動集計

決裁データがGoogleシートに自動保管される稟議ワークフローです。決裁完了時、起案部署や金額等のデータが自動追記されます。部署、予算科目毎の決裁件数や金額が月次で自動集計されます。本アプリでは、稟議申請も開始することができます。申請部分は稟議フロー https://support.questetra.com/ja/templates/approval-flow-budget-control-20160920/ を改良しています。

会議室利用申請プロセス

会議室の利用予約記録を管理します。利用希望者が〔1.利用希望を登録〕の工程で予約日時を登録すると管理者が承認/記録し、会議室利用許可が申請者にメール通知されます。社内には、その情報をメールにてお知らせされます。

汎用申請受付ワークフロー

介護休業届や休職届、名刺作成等の汎用業務申請承認ワークフローです。 申請業務に応じた申請内容のテンプレートが自動的にセットされます。 管理部門が多種の申請業務をまとめて管理することができます。

審査プロセス, 多人数対応

審査プロセス, 多人数対応

事業者からの申請を多人数で審査するワークフローです。自治体からの休業要請等に応じた事業者は、オンラインでメールアドレスや法人番号等を登録します。登録された審査案件は、それぞれの審査担当者に均等に割り当てられ、審査されます。

出張申請フロー

複数の承認者を登録できるフローです。課長代理や課長補佐を「部署のリーダ(上司)」として登録することで、課長以外も〔2. 出張の承認〕を引き受けることが可能となります。なお、〔2.出張の承認〕の処理は、〔1.出張内容の登録〕の処理者とは別人になるように設定されています。

稟議フロー

副部長による「代理決裁」を実現するフローです。すなわち、100万円以下の申請は〔3a. 承認決裁する〕の工程に進められ、副部長でも決裁を引き受けることが可能となります。なお、100~500万円の申請についても、24時間後には引き受けることが可能となります。一方で、500万円を超える申請では、代理決裁は認められておりません。