契約ワークフロー
契約書案の登録から、押印郵送までを管理します。契約書案が登録されると、上司および法務による承認を経て、〔4.先方の合意を得る〕の工程に進みます。合意後、上司確認後に〔6.サイン押印郵送〕の工程に進み、郵送されます。なお、定型の契約書であるなど状況に応じて上司や法務の承認をスキップすることもできます。
BPMN Nodes
  • 1 1.契約書案を登録する 担当者は、契約書の草案を登録します。
  • 4 1x.上司指摘に対応する 起案者は、上司の指摘に対応し草案を修正します。
  • 9 1y.法務指摘に対応する 起案者は、法務の指摘に対応し修正するか草案を撤回します。
  • 3 2.契約書案を承認する 起草者の上司は、草案を承認するか、不備があれば差し戻します。
  • 7 3.契約書案を承認する 法務担当者は、草案を確認し承認します。不備があれば指摘して修正を求めます。
  • 10 4.先方の合意を得る 担当者は、契約交渉の結果を報告します。
  • 11 5.契約確認 担当者の上司は、結果報告を確認します。
  • 12 6.サイン押印郵送 担当者は、契約書を印刷・押印し、郵便発送します。
Workflow Diagram (click to open)
Variables (click to open)
  • ▼契約先情報▼ 0:
  • 会社名 q_Company 1:
  • 担当者部署名+氏名 q_Personnel 2:
  • 郵便番号+住所 q_Address 3:
  • 電話番号 q_Phone 4:
  • 契約先メール q_Email 5:
  • 会社規模 q_Scale 6:
  • 業種 q_Industry 7:
  • ▼契約書情報▼ 8:
  • 契約原稿作成 q_Create 9:
  • 契約種類 q_Type 10:
  • 上司承認 q_Supervisor 11:
  • 法務承認 q_Legal 13:
  • 契約概要 q_Overview 12:
  • 契約書ファイ q_Files 14:
  • ▼社内通信▼ 15:
  • コメント q_Comments 16:

Download

agreement-conclusion-flow-20121022-220-ja.qar

Notes

  • インポート時に組織構造に合わせて、処理担当者設定の関連付けを行います

Arrangement Tips

  • Professional もしくは Enterprise であれば「郵便物郵送プロセス」と接続するとより便利になります
    • 「6.サイン押印郵送」の工程をメッセージ送信中間イベント(HTTP)に置き換えて設定します

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。