能力開発

演習研修プロセス, 成果物の二段階チェック

演習研修プロセス, 成果物の二段階チェック

演習課題の成果物が2段階でチェックされます。研修生はまず、演習課題に対する解答方針(アウトライン)を記入します。アウトラインが合格した場合に限り、中間成果物の制作に着手します。更に中間成果物が合格した場合に限り、最終成果物の制作に着手します。各段階での合否はトレーナー役が判定します。

問い合わせ対応フロー

顧客からの問い合わせを受け付け、回答します。Web フォームやメールで問い合わせを受け付けると自動的に回答テンプレートが準備されます。〔1.回答引受/回答文作成〕の工程でサポート担当者は回答文を作成し回答するか、必要であれば助言や翻訳の依頼を選択します。〔2.回答文作成〕の工程で最終回答ができなければ、一次回答を送信後に〔3.最終回答文作成〕の工程に回ります。