記事作成プロセス
テーマに沿った Web 記事を公開します。〔1.テーマ設定〕で指定されたテーマでライターが執筆します。〔3.掲載判定〕では編集デスクが、a:原稿OK、b:原稿修正、c:掲載不可、d:監修依頼、の判断を行い、処理を進めます。記事の掲載が完了すると、メール通知されます。
BPMN Nodes
  • 1 1.テーマ設定 担当者は、記事のテーマを指定して記事執筆を依頼します。ライターを指名できます。
  • 6 2.記事作成 指名されたライターは、指定テーマに沿った記事を執筆します。
  • 5 2.記事引受作成
  • 9 2x. 修正対応 ライターは、デスクの指示に対応します。
  • 8 3.掲載判定 担当者は記事を確認し、書き直しを指示する、掲載を指示する、あるいは内容の監修を監修者を指定して依頼する、または記事をボツにするのいずれかの判断します。
  • 10 4.監修対応 指名された担当者は、記事の内容を確認し監修します。
  • 11 5.Web 掲載 担当者は、記事をウェブサイトに掲載します。
  • 17 x1. 文字数カウント システムは、指定された文字型データ項目に入力された文字数を計測し結果を数値型データ項目にセットします。
Variables (click to open)
  • ▼記事のテーマ▼ 0:
  • 設定テーマ q_Topic 1:
  • キーワード q_Keyword 2:
  • ▼通信・備考▼ 3:
  • メッセージ q_Message 4:
  • ▼ライター記事▼ 5:
  • ライター q_Writer 6:
  • 記事タイトル q_Title 7:
  • 記事本文 q_Body 8:
  • 記事イラスト写真 q_Illustration 9:
  • (記事本文の文字数) q_Number 10: x1 にて自動セットされます
  • ▼監修▼ 11:
  • 監修者 q_Supervisor 12:
  • 監修内容 q_Opinion 13:

Download

article-creation-flow-20161212-220-ja.qar

Professional もしくは Enterprise でのみご利用いただけます。

Notes

  • インポート時に組織構造に合わせて、処理担当者設定の関連付けを行います

See also

「記事作成プロセス」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 記事作成プロセス – Questetra Support

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。