Stripe: 課金オブジェクト, 生成

Stripe: 課金オブジェクト, 生成

決済プラットフォームStripe上に “課金オブジェクト” を生成します。Stripe上のCustomerID(cus_12345678901234)に対して、任意の課金額を任意の課金通貨コードで課金します。課金処理が失敗した場合は、課金オブジェクトは生成されず、expired_card などのエラーログ出力されます。

Stripe: 顧客オブジェクト, 生成

Stripe: 顧客オブジェクト, 生成

決済プラットフォームStripe上に “顧客オブジェクト” を生成します。オブジェクトの登録により、その後の継続的なカード課金が可能となります。契約の成立を示すトークンID(tok_123456789012345678901234)とメールアドレス等の顧客情報が必要です。通常トークンIDはブラウザ側で生成されるため、センシティブ情報の非保持非通過を実現できます。

文字列, MD5ハッシュ値の取得

文字列, MD5ハッシュ値の取得

MD5ダイジェスト(要約値)を算出します。MD5ハッシュアルゴリズムがソースデータに対して適用され、一意の128ビットハッシュ値(16進表記x32文字)が生成されます。このチェックサムアルゴリズムは、データの整合性を検証するために一般的に使用される関数です。

サービスタスク(開始イベントに HTTP リクエスト)

同一ワークフロー基盤上の「メッセージ開始イベント(HTTP)」に HTTP リクエストを送信する自動処理工程です。送信データを設定するだけで、簡単にアプリ間接続を実現できます。「メッセージ開始イベント(HTTP)」を含むワークフローアプリがリリースされると、対応する「サービスタスク」が自動生成されます。

文字列, 全置換

文字列, 全置換

検索文字列を置換文字列に全置換します。大文字と小文字は区別されます。たとえばテンプレート文内の “XXXX-XX-XX” という文字列を “2020-05-11” に全置換することが可能です。

文字列, 部分文字列の抽出

文字列, 部分文字列の抽出

先頭N文字を切り取ります。Nに負の値が指定された場合は、末尾N文字(絶対値)を切り出します。元の文字列の長さがNより短い場合には、元の文字列をそのまま取得します。もし、取得文字列の長さをN文字に伸張する必要がある場合は、パディング文字(穴埋め文字)を設定します。

マイナンバー文字列, チェックディジット検査

マイナンバー文字列, チェックディジット検査

有効なマイナンバー文字列であることを判定します。有効である場合はOKログが記録されます。無効である場合は異常終了します。エラー境界イベントでフローを制御することが可能となります。マイナンバーはすべての日本国民および居住者(外国人を含む)に発行される12桁のIDです。

2つの日時, 経過時間の計算

2つの日時, 経過時間の計算

日時Aから日時Bまでの経過時間を算出します。数値(days)・数値(hours)・数値(minutes)・文字列(h:mm)のいずれかもしくは複数を出力することが可能です。Bが過去時刻であった場合はマイナス符号が付与されます。ABには日付型データを指定することも可能です。

会計月日文字列, 生成

会計月日文字列, 生成

会計年度内ソート用の日付IDを生成します。会計年度の開始月の初日は “101” に、最終月の25日は “1225” となります。決算月が12月(会計年度の開始月が1月)の場合は、カレンダー日付の “Mdd” フォーマットと同じ文字列になります。