問い合わせ対応フロー

顧客からの問い合わせを受け付け、回答します。Web フォームやメールで問い合わせを受け付けると自動的に回答テンプレートが準備されます。〔1.回答引受/回答文作成〕の工程でサポート担当者は回答文を作成し回答するか、必要であれば助言や翻訳の依頼を選択します。〔2.回答文作成〕の工程で最終回答ができなければ、一次回答を送信後に〔3.最終回答文作成〕の工程に回ります。

Google ドライブ: Gファイル; Microsoft-Office エクスポート

Googleドライブ内のファイルをMicrosoft Officeファイル(docx/xlsx/pptx)としてエクスポートし、ワークフローデータ項目に格納します。Googleファイル(Docs/Sheets/Slidesなど)以外が指定された場合はエラーとなります。なお、File ID は URI 等から取得できます。

上司評価の投票

上司に対する評価を無記名投票で行います。自動起動後、〔1.上司評価を記入する〕の工程がチームメンバに割り当てられます。評価を記入すると、集計用の外部ファイルに評価結果が自動的に追記されます。ワークフロー内の入力データは自動消去されるので、評価者の記入内容は秘匿されます。

受信タスク(フォーム)

トークンが受信タスク (フォーム) に到達すると、Webフォーム(のURL)を発行し、フォームへの入力を待ち受けます。Webフォームに入力があるとトークンを先に進めます。Webフォームには、ワークフロー基盤にアカウントを持たない利用者も入力できます。URLは、メールなどで利用者に通知します。

コンバータ (Email-Str to Quser)

文字列型データ(Email文字列)をユーザ型データに変換します。もし、いずれの登録アドレスにも一致しない場合は、変換されません(ユーザ型データ項目は更新されません)。なお、文字列型データが複数行の場合は先頭行から順に判定し、一致するユーザが発見された時点で更新し終了します。

人事評価プロセス

人事評価を行い、数値として記録します。毎月末に自動起動し、〔1.自己評価の記入〕の工程で本人が項目ごとに自己評価を入力します。入力された数値は、評価軸ごとに重みづけされた総合評価として即座に自動表示されます。上司・役員が評価を入力した後、フィードバックを確認します。

人事異動情報の公表

人事異動情報を社内にメールで通達します。毎週金曜日早朝に自動起動し、翌週日付で予定されている人事イベントをGoogle カレンダーから自動取得します。人事イベントがある場合、社内メーリングリストに送信されます。

社員個人情報の申請受付

社員情報の追加・更新を管理し、必要に応じて社員マスターを更新します。〔1.社員情報の追加・更新〕の工程で入力されたデータは、上司確認ののち、人事部へ受け渡されます。社員マスターの更新が必要である場合は、現マスターを取得後にデータを追加し、社員マスターが自動的に更新されます。

BPO受託プロセス

商品の納品情報を受け取り、梱包・発送を行います。委託元から、HTTP 通信で納品情報を受信すると自動開始されます。納品書を自動生成し、〔1.梱包完了〕の工程が完了すると、委託元の業務プロセスに「梱包完了」を報告します。オプションで「検査」が指示された場合、検査を実施して、完了報告を行います。

進捗報告プロセス

プロジェクトの進捗を複数名が報告し、集計します。〔1.報告者指名〕の工程で指名された報告者たちは、それぞれ〔2.主観の進捗を記入〕の工程を処理し報告します。報告値が集計されることで、進捗状況の信頼性を高めます。