回答作成プロセス
質疑質問を受け付け、指名された担当者が回答文を作成します。Webフォームやメール等で質問を受け付けた後、〔2.回答すべき所轄の決定〕の工程で回答文を作成する担当者が指名されます。人工知能(AI)によって回答が下書きされ、回答担当が回答を完成させます。〔5.用語法令審査〕の工程では、回答内容がチェックされ、承認されると先の工程に進みます。
BPMN Nodes
  • 1 1.質問受理と内閣への送付 担当者は、質問を受け付け内閣へ送付します。
  • 2 2.回答すべき所轄の決定 担当者は、回答作成者を指名します。
  • 3 3.答弁書の作成開始 指名された担当者は、回答作成をAI(架空)に指示するか、あるいは異議を唱えます。
  • 4 4.答弁書の完成 担当者は、AI が作成した回答を基に回答文を完成します。
  • 6 5.用語法令審査 法制局員は回答内容の法的整合性を審査し、不備があれば差し戻します。
  • 10 6.内閣答弁の確認 内閣総務官は、回答を受理し事務局へ送付します
  • 11 7.内閣答弁の受理 事務局は、回答を受理します。
  • 17 x1.AI下書 この工程は架空のものです(現時点では Questetra にこのような AI機能はありません)。
Variables (click to open)
  • ▼質問内容▼ 0:
  • 質問議員名 q_Asked 1: 開始イベントにてセットされます
  • 質問主意書質疑質問の別 q_Classification 2: フォーム開始の場合自動セットされます
  • 質問本文 q_Body 3: 開始イベントにてセットされます
  • 質問添付 q_Attachment 4: 開始イベントにてセットされます
  • ▼答弁内容▼ 5:
  • 答弁責任者 q_Person 6:
  • 答弁作成期限 q_Answer 7:
  • 答弁本文 q_Body_Answer 8:
  • (文字数) q_Number 12: x1.にてセットされます
  • 答弁添付 q_Attachment2 9:
  • ▼コミュニケーション▼ 10:
  • 社内メッセージ q_Message 11:

Download

answer-drafting-flow-20161219-218-ja.qar

Professional でのみご利用いただけます。

Notes

  • インポート時に組織構造に合わせて、処理担当者設定の関連付けを行います
  • 「x1.AI下書」の工程は架空のものです
    • 現時点で クエステトラにはこのような AI機能はありません
    • 実装されている工程は「文字数カウンタ」です

Arrangement Tips

  • 「x1.AI下書」の工程を削除すれば Advanced の環境でも使用できます
    • アーカイブをインポート後に編集モードでアイコンを削除し、矢印経路を接続してください

See also

「回答作成プロセス」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 回答作成プロセス – Questetra Support

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。