資料請求対応フロー(アドオン)
Webフォームで資料請求を受け付け、資料発送後、顧客情報を登録します。〔1.住所確認/対応判断〕の工程でフォームの入力内容等がチェックされた後、送り状PDFが自動生成されます。また、資料発送後に顧客情報がデータベース(kintone)に登録されます。営業による急ぎ対応が必要な場合は、〔3.引受/対応結果の記録〕の工程に進みます。
BPMN Nodes
  • 3 1. 住所確認/対応判断 担当者は、入力内容を確認し必要があれば修正し、案件への対応を判断します
  • 12 2.送り状の印刷~発送 担当者は、PDF を印刷し請求資料に添付して発送します
  • 9 3.引受/対応結果の記録 営業担当は顧客に対応します
  • 1 x1.件名セット システムは、プロセス開始日時とフォームに入力された値から文字列を生成し、「件名」にセットします
  • 2 x2.入力データ自動複製 システムは、指定されたデータ項目の値を別のデータ項目に複製します
  • 11 x3.送り状 PDF 自動生成 システムは、指定されたデータ項目の値を台紙 PDF に挿し込んで PDF ファイルを生成します
  • 16 x4. kintone レコード追加 システムは、指定された項目を kintoneレコードに追加します
Variables (click to open)
  • ▼Webフォーム入力情報▼ 0:
  • 郵送先郵便番号 q_Zip 1:
  • (住所検索) q_Address_Search 2:
  • 郵送先ご住所 q_Address 3:
  • 郵送先会社名 q_Company 4:
  • 郵送先部署名 q_Dept 5:
  • 宛先お名前 q_Customer 6:
  • 電話番号 q_Phone 7:
  • メールアドレス q_Email 8:
  • ご要望等 q_Request 9:
  • ▼送り状の宛先▼ 25:
  • 郵便番号 q_Zip2 26: x2.にてセットされます
  • 住所 q_Address2 27: x2.にてセットされます
  • 会社名 q_Company2 28: x2.にてセットされます
  • 部署名 q_Dept2 29: x2.にてセットされます
  • お名前 q_Customer2 30: x2.にてセットされます
  • ▼送り状のタイトル/メッセージ▼ 10:
  • 送り状タイトル q_Title 11: パンフレット送付
  • 受付日 q_Date 12: #{#format(processInstanceStartDatetime, ‘yyyy年MM月dd日’)}
  • 送り状送信元 q_Sender 13: 株式会社クエステトラ
    京都市中京区御池通間之町東入高宮町206御池ビル4階
    075-205-5007 / customer-service@questetra.com
  • 送り状メッセージ q_Message 14: 拝啓
    時下、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

    この度は、資料のご請求を賜り、誠にありがとうございます。
    早速 “Questetra BPM Suite” の製品パンフレットを送付いたします。
    なにとぞご検討いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

    なお、詳細についてご質問がございましたら、お気軽にご連絡ください。
    まずは、ご案内まで。

    敬具

  • (PDFのファイル名) q_PDF 15: p#{processInstanceId}.pdf
  • 送付状PDF q_Cover 16: x3.にて自動生成されます
  • ▼フローコントロール▼ 17:
  • 対応 q_Reaction 18*: 「1. 住所確認/対応判断」での分岐を決定します
  • 通知アドレス q_Notifying 19: sales@example.com
  • ▼社内コミュニケーション▼ 20:
  • 社内メモ q_Memo 21:
  • (JSONテキスト) q_JSON 22: x5.にて自動生成されます
  • (通信レスポンス) q_Response 23:
  • (通信エラー) q_Error 24:

Download

catalogue-request-correspondence-flow-add-on-20210325-220-ja.qar

Professional もしくは Enterprise でのみご利用いただけます。

Notes

  • インポート時に組織構造に合わせて、処理担当者設定の関連付けを行います
  • 実使用時には設定されている固定値を変更してください
    • データ項目の初期値:「送り状送信元」「送り状メッセージ」「通知アドレス」
  • シナリオ記事とは異なり、本アプリではサービスタスク(アドオン)「kintone: レコード追加」を使用しています
    • kintone アプリとの連携を設定します
      • kintone アプリの設定画面の「設定」タブの[API トークン]のページで、「アクセス権」のレコード追加にチェックを入れて API トークンを生成してください
        • クエステトラアプリの[HTTP 認証設定]で設定を[追加]して「トークンを直接指定」の[トークン]欄に生成されたトークンを入力し保存します
        • サービスタスクの設定、[C1: API トークンを設定した認証設定]で保存した名前を選択します
      • 接続する kintone アプリの設定と「サービスタスク(アドオン)kintone: レコード追加」の設定を合わせてください
        • kintone アプリのフォームの各フィールドのフィールドコードとサービスタスクの設定の[C6F ~ C12F:フィールドコード]
        • kintone アプリの ID とサービスタスク設定の[C4:アプリ ID]
          • アプリの ID は kintone の「アプリ管理」で確認できます

Arrangement Tips

  • 「営業担当」の「3.引受/対応結果の記録」には具体的な業務は想定されていません。必要に応じてデータ項目を追加したり、下流工程を設計することによりより実用的なアプリになります。
  • シナリオ記事のようにスクリプトタスクとメッセージ送信中間イベント(HTTP)を利用したアプリも公開されています

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。