Google Workspace

Google スライド: ページ, PNGエクスポート

Google スライド: ページ, PNGエクスポート

指定スライドをPNG画像に変換し、ファイル型データ項目に格納します。ダウンロード用URL(無認証・30分有効)を取得することも可能です。たとえば、PNG画像化された「売上レポートPage」がメール添付されるようなワークフロー(売上自動集計プロセス)等で利用します。

Google スライド: ページ, グラフ全更新

Google スライド: ページ, グラフ全更新

指定スライド内の全ての埋込グラフ(Googleスプレッドシートチャート)を、それぞれの最新バージョンに更新します。たとえば、Googleスプレッドシートで集計されている「売上集計グラフ」が最新状態に自動更新されるといったワークフローを構築できます。

Google スプレッドシート: 2つの範囲データ, Xlookup参照

Google スプレッドシート: 2つの範囲データ, Xlookup参照

2つのスプレッドシート領域を参照して、文字列bを文字列cに変換します。すなわち、スプレッドシートの範囲Bに文字列bを探索し、完全一致する要素があれば、範囲C内の文字列c(同じインデックスの値)を返します。完全一致する要素が無ければ、空文字を返します。検索文字列の探索は、上から順番に実行されます。

Google 翻訳: Translation API Basic, 翻訳

Google 翻訳: Translation API Basic, 翻訳

Google翻訳(API v2)を用いて機械翻訳します。翻訳先言語(ターゲット言語)の指定は必須ですが、翻訳元言語(ソース言語)の指定は任意です(自動検出されます)。基本的には、ニューラルマシン翻訳モデル(NMT)が適用されますが、一部の言語ではフレーズベースマシン翻訳モデル(PBMT)が適用されます。

Google スプレッドシート: セル値, 更新

Google スプレッドシート: セル値, 更新

特定セルを上書きします。値は、GoogleスプレッドシートのUIを使用して入力した場合と同じように解析されます。たとえば日付フォーマットが指定されている場合、”12-24″ という値は “12/24/2021” に変換されます。あるいは “’12-31” は “12-31” という文字列として更新されます。

Google スプレッドシート: 範囲データ, TSVエクスポート

矩形範囲にあるデータをTSVテキストとしてエクスポートします。各行のtab区切りの数は均一となります。データの無いセルは空文字とみなされます。2範囲の同時エクスポートもサポートします。たとえば見出し部と直近データの同時エクスポートが可能です。