稟議申請プロセス, 代理決裁・金額分岐 20220725
副部長による「代理決裁」ができる稟議プロセスです。 100~500万円の申請は、部長が決裁します。ただし、未決裁で24時間経過後、副部長の代理決裁が可能となります。 500万円を超える申請は、代理決裁できません。
作業担当者 (スイムレーンの数:4)
  • 申請者
    • 稟議を起案する担当者。
  • チームリーダ
    • 稟議を確認する申請者と同じ組織のリーダ。
  • 部長
    • 稟議を承認する申請者の上長にあたる部長。
  • 部長&副部長
    • 稟議を承認する申請者の上長にあたる部長もしくは副部長。
仕事の流れ (ワークフロー図の複雑度:21)
  • 1 1.稟議を提出する
    • 申請者は、稟議を起案します。
  • 4 1x.差戻に対応する
    • 申請者は、起案した内容を修正して再提出するか、取り下げます。
  • 3 2.確認する
    • 申請者の上司は、起案内容を確認し不備があれば差し戻します。
  • 12 3a.承認決裁する
    • 外部支払が100万未満の場合、部長または副部長が決裁します。
  • 14 3b.承認決裁する
    • 外部支払が100?500万の場合、部長が決裁します。未決裁のまま24時間経過すると 3a に進みます。
  • 28 3c.承認決裁する
    • 外部支払が500万以上の場合、部長が決裁します。
受け渡しされるビジネスプロセス変数 (データ項目の数:17)
  • ▼申請▼ 0
  • 申請者所属 q_Drafter_Org 1 *
    • 申請者の所属部署が格納されます。(ワークフロー基盤内の “組織”)
    • processInstanceInitQgroupId
  • 申請者 q_Drafter 2 *
    • 申請者が格納されます。(ワークフロー基盤内の “ユーザ”)
    • ${processInstance.initQuserId}
  • 提出時刻 q_Submission_Time 3
    • 提出された日時が格納されます。 「1.稟議を提出する」か「1x.差戻に対応する」の自動処理設定により入力されます。
  • 起案の内容および理由 q_Reason 4 *
    • 起案内容および理由が格納されます。
  • 添付資料 q_Attachment 5
    • 起案内容に関する添付資料が格納されます。
  • 外部支払 q_Payment 6 *
    • 外部支払の金額が格納されます。
  • 内部工数 q_Man_Hours 7
    • 内部工数の金額が格納されます。
  • 予算区分 q_Classification 8
    • 起案内容の予算区分が格納されます。
  • 予算区分備考 q_Classification_Remarks 9
    • 起案内容の予算区分の備考が格納されます。
  • ▼リーダ確認および部長決裁▼ 10
  • 確認したリーダ q_Confirmer 11
    • 起案内容を確認したリーダが格納されます。 「2.確認する」の自動処理設定により入力されます。
  • リーダ確認時刻 q_Confirmed_Time 12
    • 起案内容を確認した承認日時が格納されます。 「2.確認する」の自動処理設定により入力されます。
  • 決裁した部長/副部長 q_Approver 14
    • 起案内容を承認決裁した部長/副部長が格納されます。 「3a/b/c.承認決裁する」の自動処理設定により入力されます。
  • 部長/副部長決裁時刻 q_Approved_Time 15
    • 起案内容を承認決裁した日時が格納されます。 「3a/b/c.承認決裁する」の自動処理設定により入力されます。
  • ▼社内コミュニケーション▼ 20
  • コメント・メッセージ q_discussion 21
    • 社内向けのコメント・メッセージが格納されます。

フィールド名, Num, 初期値

Download

This archive can be imported as a Workflow App on BPMS.

Capture

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。