リリース概要

リリース日

注意すべき変更点

  • [予告] ガイドパネル型など、データ項目の「説明」欄の設定チェックが強化され、利用できる HTML タグが制限されます(2020年10月予定)
  • [予告] 「スクリプトタスク」のスクリプトエンジンにて、「Rhino」が廃止されます(2021年7月予定)
  • [予告] Microsoft IE11 がサポート対象から除外されます(2022年1月予定)
    • Windows 8.1 の IE11 が、サポート対象から除外されます
    • Windows 10 の IE11 は、既にサポート対象外です
  • ページ末尾【仕様などの変更予定】にて、将来バージョンでの変更予定が記載されておりますので、ご確認下さい。

Version 12.1.1 の詳細

◆ 外部ツール等の機能および非機能面での変更

  • ワークフロー基盤のパフォーマンス改善


仕様などの変更予定

将来バージョンにて、次の仕様変更、システム基盤の変更を予定しております。

2020年10月対応予定

  • ガイドパネル型など、データ項目の「説明」欄の設定チェックが強化され、利用できる HTML タグが制限されます
    • 利用できる HTML タグ(予定)
      • 基本構造:<div>, <span>, <h1>, <h2>, <h3>, <h4>, <h5>, <h6>
      • テキスト:<p>, <br>, <em>, <strong>, <blockquote>, <q>, <cite>, <sub>, <sup>, <pre>, <code>
      • テキスト表現:<b>, <i>, <small>, <strike>, <u>
      • リンク:<a>
      • リスト:<dl>, <dt>, <dd>, <ul>, <ol>, <li>
      • テーブル:<table>, <caption>, <thead>, <tfoot>, <tbody>, <col>, <colgroup>, <tr>, <th>, <td>
      • 画像・オブジェクト:<img>
      • スクリプト(Professional / Enterprise のみ):<script>
    • 利用できる属性(予定)
      • <blockquote>, <q> : cite
      • <a> : href, title
      • <ol> : start, type
      • <table> : summary, width
      • <td> : abbr, axis, colspan, rowspan, width
      • <th> : abbr, axis, colspan, rowspan, scope, width
      • <col>, <colgroup> : span, width
      • <img> : align, alt, height, src, title, width
    • URL を記載できる属性( <a> の href / <img> の src など)にて、許可される値は http / https の URL のみ

2021年1月対応予定

  • 「全てのプロセス履歴を検索する」「タスク処理履歴を検索する」API にて、プロセスデータ項目を検索結果に含めるには、表示項目として明示的に指定するように変更されます
    • 現在は、検索条件として指定されたプロセスデータ項目は自動的に検索結果にも含まれています
    • 仕様変更後は、 要素が指定されているプロセスデータ項目のみが検索結果に含まれるようになります

2021年7月対応予定

  • 「スクリプトタスク」「サービスタスク(Add-on)」のスクリプトエンジンにて、「Rhino」が廃止されます
  • Rhino 廃止に伴い、次の形式のデータ参照/更新方法が廃止されます
    • 参照:data.get(“1”)、更新:retVal.put(“1”, “hogehoge”)
    • engine.findDataByNumber(1)、engine.setDataByNumber(1, “hogehoge”) など、新しい形式(Ver. 11.4 以降)への変更をお願いします(M230)

2022年1月対応予定

  • Microsoft IE11 がサポート対象から除外されます
    • Windows 8.1 の IE11 が、サポート対象から除外されます
    • Windows 10 の IE11 は、既にサポート対象外です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。