Backlog 課題追加

プロジェクトID、課題の件名、課題の種別のIDなどから課題(issue)を追加し、通信ログをそれぞれデータ項目に格納します

入力データ

  • C’: Cで選択したデータ項目に格納されているプロジェクトID
  • D’: Dで選択したデータ項目に格納されている課題の件名
  • E’: Eで選択したデータ項目に格納されている課題の詳細
  • F’: Fで選択したデータ項目に格納されている課題の種別のID
  • G’: Gで選択したデータ項目に格納されている課題の優先度のID
  • H’: Hで選択したデータ項目に格納されている担当者のID
  • I’: Iで選択したデータ項目に格納されている締切日
  • J’: Jで選択したデータ項目に格納されているカテゴリのID

サービス出力

  • 通信ログが X で選択したデータ項目に格納されます

注意事項

  • 事前に こちらのページ を参考にして Backlog の API Key を取得しておく必要があります

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。