文字型データ項目に格納されたタブ区切りテキスト(TSV)が、Excel 対応の CSV ファイルとしてファイル型データ項目に保存されます

入力データ

  • A’: Aで選択したデータ項目に格納されているTSVテキスト
  • B’: Bで指定した抽出するデータ列番号
  • C’: Cで指定した保存するCSVのファイル名

サービス出力

  • TSVテキストA’ から B’で抽出したデータを、CSV ファイル(Excel 対応)に変換し、ファイル名を C’ として Dで選択したファイル型データ項目に、保存されます

注意事項

  • カラムの順序変更・フィルタ・重複掲載などの操作も可能です
  • ファイル実体は tab-separated-values (utf-16le-bom) です

ワークフローサンプル