質問管理プロセス 20220624
ベンダにメール送付した質問を管理するワークフローです。 質問メールは、件名に自動採番したIDを記載され、ベンダに送付されます。 回答メールを受信し、回答メールの件名内のIDにより、質問メールと回答メールの情報がひもづけされます。
作業担当者 (スイムレーンの数:2)
  • 質問者
    • 質問メールを送る人。
  • システム管理者
    • 本アプリを管理する人。
仕事の流れ (ワークフロー図の複雑度:43)
  • 1 1.質問メール入力
    • 質問者は、質問メールのタイトル・説明を入力します。
  • 2 件名・メール件名設定
  • 25 履歴に追加
    • ワークフロー基盤は、送信メールの本文を履歴に追加します。
  • 31 履歴(ファイル)に追加
    • ワークフロー基盤は、送信メールの添付ファイルを履歴に追加します。
  • 28 次に備えてデータクリア
    • ワークフロー基盤は、送信メールの本文・添付ファイルをクリアします。
  • 49 メール件名設定
    • ワークフロー基盤は、次の送信メール向けにメール件名を設定します。
  • 5 2.追加メール送信/回答メール送信
    • 質問者は、追加での連絡メールや受信した回答メールの返信を入力します。
  • 26 履歴に追加
    • ワークフロー基盤は、送信メールの本文を履歴に追加します。
  • 32 履歴(ファイル)に追加
    • ワークフロー基盤は、送信メールの添付ファイルを履歴に追加します。
  • 29 次に備えてデータクリア
    • ワークフロー基盤は、送信メールの本文・添付ファイルをクリアします。
  • 27 履歴に追加
    • ワークフロー基盤は、受信メールの本文を履歴に追加します。
  • 33 履歴(ファイル)に追加
    • ワークフロー基盤は、受信メールの添付ファイルを履歴に追加します。
  • 30 次に備えてデータクリア
    • ワークフロー基盤は、受信メールの本文・添付ファイルをクリアします。
  • 17 メール解析
    • ワークフロー基盤は、受信メールの件名を解析します。
  • 44 エラーカウント+1
    • ワークフロー基盤は、エラーカウントを+1します。
  • 46 x.エラー対応
    • システム管理者は、エラー時の対応を行います。
  • 43 エラークリア
    • ワークフロー基盤は、エラー情報をクリアします。
受け渡しされるビジネスプロセス変数 (データ項目の数:18)
  • (2.追加送信/回答送信 説明) 15
  • 質問者 q_user 10 *
    • 質問メールの作成者が格納されます。
    • ${processInstance.initQuserId}
  • 質問日 q_date 1 *
    • 質問メールの作成日が格納されます。
    • processInstanceStartDatetime
  • 質問タイトル(メール件名) q_title 2 *
    • 質問メールのタイトルが格納されます。
  • 質問詳細(メール本文) q_description 3
    • 質問メールの本文が格納されます。
  • 質問関連ファイル(メール添付ファイル) q_file 4
    • 質問メールの添付ファイルが格納されます。
  • 受信メール件名 q_receiveTitle 5
    • 受信した回答メールの件名が格納されます。
  • 受信メール日時 q_receiveDate 6
    • 回答メールの受信日時が格納されます。
  • 受信メール本文 q_receiveBody 7
    • 受信した回答メールの本文が格納されます。
  • 受信メールファイル q_receiveFile 8
    • 受信した回答メールの添付ファイルが格納されます。
  • 受信メールのプロセスID q_receiveProcessId 13
    • 受信した回答メールを処理するプロセスのIDが格納されます。
  • 受信メールの件名から抜き出したPID q_receivePID 9
    • 受信した回答メールの件名抜き出したPIDが格納されます。
  • 終了フラグ q_flag 12
    • 質問のプロセスを終了するかどうかのフラグが格納されます。
  • 履歴(本文) q_historyBody 11
    • 送信した質問メールおよび受信した回答メールの本文の履歴が格納されます。
  • 履歴(ファイル) q_historyFile 14
    • 送信した質問メールおよび受信した回答メールの添付ファイルの履歴が格納されます。
  • HTTP送付エラー q_err 16
    • 受信した回答メールのデータを質問メールのプロセスに送る際に発生したエラー内容が格納されます。
  • HTTP送付エラーカウント q_errCount 17
    • 受信した回答メールのデータを質問メールのプロセスに送る際に発生したエラーの回数が格納されます。
    • 0
  • エラー対応メモ q_errorMemo 0
    • 受信した回答メールのデータを質問メールのプロセスに送る際に発生したエラーの、対応内容メモが格納されます。

フィールド名, Num, 初期値

Download

This archive contains the BPMN icon, which is only available in the Professional edition.

Notes

  • 「変数設定」に送受信アドレスを設定します。
  • 「受信のためのアドレス」には、「サポートからの受信」の「メッセージ開始イベント(メール)」のプロセス開始アドレス、もしくは、そのプロセス開始アドレスを含むメーリングリストのアドレスを指定します。
  • 「送付するサポートアドレス」には、送付先メールアドレスを設定します。

Capture

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。