コンバータ (Options to Table)

選択肢XML(M319)に定義されたID(value)-Label(display)を、テーブル型データ項目(2列)に展開します。

入力データ

  • (ワークフロー基盤の選択肢XML)

サービス出力

  • システム内で共有されている選択肢XMLの ID(value)-Label(display) が、テーブル型データ項目(2列)に展開されます
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。