Google Drive 上のファイルを指定のディレクトリにコピーして保存します。 テンプレートとなるファイルを準備しておき、新規案件開始時に自動的にコピーするような用途で活用できます。

入力データ

  • B’: Bで選択したデータ項目に格納されているコピー元ファイルのファイルID *
  • C’: Cで選択したデータ項目に格納されている保存先フォルダのフォルダID **
  • D’: Dで選択したデータ項目に格納されている生成ファイルのファイル名

サービス出力

  • ファイルID B’ のファイルを元に新しいファイルがコピー生成され、 フォルダID C’ のフォルダに保存されます
  • 生成ファイルのファイルIDが E で選択したデータ項目に格納されます
  • 生成ファイルの MimeType が F で選択したデータ項目に格納されます
  • 通信ログが X で選択したデータ項目に格納されます

注意事項

  • 事前に Google API Manager にてProject登録をしておく必要があります
  • 指定のファイルIDやフォルダIDが無い場合はエラーとなります
  • ファイル名が未指定の場合 “元ファイル名 のコピー” となる場合があります
  • ファイルID は共有メニュー詳細設定にある共有リンクから取得します
  • * https://drive.google.com/file/d/023W9z6__EXAMPLE__D45EFmY1E/view
  • ** https://drive.google.com/drive/folders/0_example_EXAMPLE_example_dvamc

ワークフローサンプル