PayPal 請求書 生成 (JPY)

設定項目の情報から Paypal 請求書が自動生成し、Paypal Invoice ID を文字列型データ項目に格納します

入力データ

  • C’: Cで入力した販売人の商号/国コード/郵便番号/都道府県/市区町村
  • D’: Dで入力した販売人の住所
  • E’: Eで入力した販売人の国番号/電話番号/メールアドレス/URL
  • F’: Fで選択したデータ項目に格納されている請求先の商号
  • G’: Gで選択したデータ項目に格納されている請求先の部署名
  • H’: Hで選択したデータ項目に格納されている請求先の担当者名
  • I’: Iで選択したデータ項目に格納されている請求先のメールアドレス
  • J’: Jで選択したデータ項目に格納されている納品物の商品名
  • K’: Kで選択したデータ項目に格納されている納品物の詳細説明
  • L’: Lで選択したデータ項目に格納されている納品物の数量
  • M’: Mで選択したデータ項目に格納されている納品物の単価
  • N’: Nで入力した税率
  • O’: Oで選択したデータ項目に格納されている請求書ID
  • P’: Pで選択したデータ項目に格納されている支払期日
  • Q’: Qで選択したデータ項目に格納されている請求書の備考文
  • R’: Rで選択したデータ項目に格納されている契約条件文
  • S’: Sで入力したロゴ画像のURL

サービス出力

  • プロパティ C’-S’ の情報から Paypal 請求書が自動生成されます
  • Paypal Invoice ID が T で選択したデータ項目に格納されます
  • 通信ログが B で選択したデータ項目に格納されます

注意事項

事前に Paypal Dashboard にて App を生成し、Client ID/Secret を取得しておく必要があります

ワークフローサンプル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。