リリース概要

リリース日

注意すべき変更点

  • [予告] 処理フォーム画面をカスタマイズする「高度なレイアウト」機能が廃止予定となります(2022年4月予定)
  • ページ末尾【仕様などの変更予定】にて、将来バージョンでの変更予定が記載されておりますので、ご確認下さい。

Version 12.3.2 の詳細

◆ 全利用者向け機能の変更

◆ ワークフロー設計者向け機能の変更

  • スクリプトタスクなど、スクリプトエンジン「GraalJS」を利用している場合に、動作安定性を向上
  • 「高度なレイアウト」機能を廃止予定
    • 設定画面にて、「廃止予定」が表示されるようになります
    • 当面、本機能の利用に影響はありません
    • 2021年7月リリースのバージョンにて、本機能を利用している場合、設定エラーとなる予定です
    • その後、2022年4月リリースのバージョンにて、完全に廃止される予定です


仕様などの変更予定

将来バージョンにて、次の仕様変更、システム基盤の変更を予定しております。

2021年7月対応予定

  • 「スクリプトタスク」「サービスタスク(Add-on)」のスクリプトエンジンにて、「Rhino」が廃止されます
  • Rhino 廃止に伴い、次の形式のデータ参照/更新方法が廃止されます
  • 「全てのプロセス履歴を検索する」「タスク処理履歴を検索する」API にて、プロセスデータ項目を検索結果に含めるには、表示項目として明示的に指定するように変更されます
    • 現在は、検索条件として指定されたプロセスデータ項目は自動的に検索結果にも含まれています
    • 仕様変更後は、 要素が指定されているプロセスデータ項目のみが検索結果に含まれるようになります
  • Microsoft IE11 がサポート対象から除外されます
    • Windows 8.1 の IE11 が、サポート対象から除外されます
    • Windows 10 の IE11 は、既にサポート対象外です
    • 詳細は、「IE11 サポート終了のお知らせ」をご確認ください

2021年10月対応予定

  • 「スクリプトタスク」「サービスタスク(Add-on)」のスクリプトエンジンにて、「Nashorn」が廃止されます
  • 「サービスタスク(データ設定)」にて、文字型データ項目を更新する際、データ定義番号を利用したデータ参照式が廃止されます
  • 「メッセージ送信中間イベント(HTTP)」等での Basic 認証の設定方法にて、アプリ内で設定される Basic 認証は廃止されます

2022年4月対応予定

  • 処理フォーム画面をカスタマイズする「高度なレイアウト」機能が廃止されます

「Ver.12.3.2 スクリプトタスクの安定性向上 (2021年3月15日)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 2021-03-15 00:00 (JST) 計画停止、バージョンアップ – Questetra Support

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。