クエリ文字列 から Value 抽出

シリアライズされたクエリ文字列(例 “a=123&b=456″)から、指定パラメータの値(value)を抽出し、ワークフローデータとして格納します

入力データ

  • A’: Aに格納されているQuery文字列

サービス出力

  • パラメータ名(コンフィグでセット)に対応する「パラメータの値」がCに格納されます

注意事項

  • Webhook 機能で受信した x-www-form-urlencoded から必要なデータを抽出する際などに活用できます
  • Query文字列にパラメータ名が存在しない場合は、自動処理がエラーとなります
  • 数値型データとして格納する場合、 parseFloat() の仕様に準じます
  • 数値型データとして格納する場合、「314e-2」や「0.0314E+2」は『3.14』(小数点以下0桁フォーマットの場合は『3』)となります
  • 数値型データとして格納する場合、NaN や Infinite は、自動処理がエラーとなります
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。