Google ドライブ: ファイル / フォルダ削除 (Google Drive: Delete File / Folder)
Google ドライブ上のファイルやフォルダを削除します。一度に複数の削除が可能です。複数削除する場合、データ項目では1行につき1つずつ ID を書くようにしてください。
2021-02-09 (C) Questetra, Inc. (MIT License)
Configs
  • C1: Google ドライブに接続するユーザ *
  • C2: 削除するファイル・フォルダ ID が保存されている文字型データ項目 *
Script
main();

function main() {
    const filesIdArray = getFileIds();
    const quser = getQuser();
    for (let i = 0; i < filesIdArray.length; i++) {
        deleteFile(quser, filesIdArray[i]);
    }
}

/**
 * データ項目からファイル / フォルダ ID を取得し、配列に入れて返す
 * ID の数が通信制限を超えていればエラー
 * @return {Array}  ファイル ID の配列
 */
function getFileIds() {
    const fileIds = engine.findDataByNumber(configs.get("FileIdsItem"));
    if (fileIds === null) {
        throw "File / Folder IDs aren't set.";
    }
    let fileIdsArray = fileIds.split("\n");
    fileIdsArray = fileIdsArray.filter(lines => lines !== ""); // 空文字列を削除
    if (fileIdsArray.length === 0) {
        throw "File / Folder IDs aren't set.";
    }
    if (fileIdsArray.length > httpClient.getRequestingLimit()) {
        //check number of files
        throw "Number of File IDs is over the limit.";
    }
    return fileIdsArray;
}

/**
 * 実行ユーザを取得する
 * @return {QuserView} 実行ユーザ
 */
function getQuser() {
    const quser = configs.getObject("UserID");
    if (quser === null) {
        throw "User not found";
    }
    engine.log(`User Name: ${quser.getName()}`);
    return quser;
}

/**
 * ファイルを削除する
 * メタデータの "trashed" パラメータを true にすることでファイルをゴミ箱に入れる
 * 削除の結果をログ出力し、失敗した場合はエラーとする
 * @param {QuserView} quser  実行ユーザ
 * @param {String} fileId  削除するファイルの ID
 */
function deleteFile(quser, fileId) {
    const url = `https://www.googleapis.com/drive/v3/files/${fileId}`;
    const body = {
        trashed: true
    };
    let response = httpClient.begin()
        .googleOAuth2(quser, "Drive")
        .queryParam("supportsAllDrives", "true")
        .body(JSON.stringify(body), "application/json; charset=UTF-8")
        .patch(url);

    const status = response.getStatusCode();
    if (status >= 300) {
        engine.log(response.getResponseAsString());
        throw `Failed to delete: ${fileId}\nstatus: ${status}`;
    } else {
        engine.log(`Succeed to delete: ${fileId}`);
    }
}

Download

Capture

Notes

  1. C1 のユーザは、[アカウント設定]>[Google 連携]にて、Google ドライブと連携済みである必要があります。
  2. 削除したファイル・フォルダはゴミ箱に送られます。
  3. C2のデータ項目にある空行は無視されます。

See also

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。